トップへ戻る

貸事務所 賃貸契約の流れ

賃貸事務所契約の流れ

目的の貸事務所を見つけたら、早速、契約内容の確認と入居申し込みの手続きです。
入居申し込みには、貸主によって定められた
「入居申込書」の記入と
会社概要や登記簿謄本等の書類
が必要になります。
貸主はこれらの書類に基づいて、入居希望企業の信用調査を行います。

信用調査がスムーズに行くと、次は
物件を押さえるための手付金(保証金・敷金の約20%程度が相場)を納めるのが通常です。
こちらも、貸主によります。
手付金は保証金の一部に当てられるのが基本です。
キャンセルをした場合は戻ってこないこともあります。
意思表示の為に預けることが多いです。
預ける場合は、必ず預り証(領収書)をもらってください。
キャンセルしたときに手付金を返してくれるという約束がある場合はその書面ももらっておきましょう。

保証金(敷金)については、契約日までに全額入金
するのが基本的です。
賃貸契約書の内容を双方で確認します。
不明な点は再度話し合い、充分に理解・納得の上、最後に捺印し契約成立となります。
契約時には、基本的に、
「会社実印」
「会社の印鑑証明書」
「代表者の印鑑証明書」
「会社の登記簿謄本」
「保証金」
「前払い賃料」
「共益費」
等が必要となります。
先述の預り証がある場合はその書類も必要となります。

テキストの終わり

賃料について

賃料起算日

賃料起算日とは、賃料が発生する日時のことです。
一般的に、賃料起算日は内装工事の着手日や鍵の引渡し日からとなっています。
共益費の起算日についても確認する必要があります。

テキストの終わり

賃料の支払い

貸事務所の場合、翌月分を前月末に支払う前払い方式が一般的です。

テキストの終わり

賃料の改定

契約更新時に賃料などの改定が行われることがあります。
更新時に更新料が必要かどうか、また支払う場合はその額が賃料の1か月分となっていれば、現行賃料に対してなのか、新規賃料に対してなのかを確認しておく必要があります。貸事務所の賃貸借の契約期間は通常2年です。双方で意義の無い場合自動更新されるのが一般的です。

テキストの終わり

共益費(管理費)

共益費とは、一般的にビルの共有部分の保守管理の為の経費のことです。
エレベーター
空調機器
給排水設備などの保守管理、

また、共有部分の
電気
ガス
水道料
清掃費などの
ビルの管理に必要な経費のことです。
共益費とは管理を指すだけなのか、
あるいは貸室内の空調費が含まれているのかを確認します。
使用条件やビル内規則も事前に確認する必要があります。

テキストの終わり

定期借家契約

借地借家法が改正され、従来の普通借家契約に加え定期借家契約という制度が新設されました。
従来型の借家契約は、期間の定めは契約終了ではなく更新を前提としたものでした。新制度が大きく違う部分は、通常の賃貸借契約の場合、「契約期間は2年間」となっていることが多いですが、定期借家契約の場合は双方の合意で契約期間を自由に設定できる事です。契約の更新をしたい場合は再契約の定めがある場合に限り、貸主と再契約することができます。契約の際は、従来型の賃貸借契約か定期借家契約かをよく確認しましょう。

テキストの終わり
Special select
仲介手数料0円 オーナー物件
anotherchoice
大阪のマンションのサイトへ
1階事務所・ショールーム
エリア・住所別サイトマップ
エリア・住所別サイトマップ
2009 2010 新築 築浅 オフィス
梅田セレクト オフィス
期間限定キャンペーン プライスダウン
保証金 敷金 礼金0円物件
SOHOオフィス
医院開業 クリニックモール
マンションタイプオフィス 居住も可能
初期費用を低く抑えたい方 最適
デザイナーズオフィス
本町 心斎橋セレクトオフィス
会議室 応接フロアー付
新大阪セレクトオフィス
レトロ・アンティークオフィス